content.php

麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん

東京石神井の人気店『麺処井の庄』監修の「辛辛魚らーめん」。激辛好きの間でも言わずと知れた、人気の激辛カップラーメンです。

人気の理由は、かなりの辛さでパンチを感じれるのは勿論ですが、ちゃんと旨味も感じることができるからです。よく激辛と謳っていても『ただ単に辛いだけ』というカップラーメンがありますが、「辛辛魚らーめん」は重厚なスープを感じることができます。

スープは豚骨に特製ラー油をたっぷり加えた濃厚な辛口豚骨醤油がベースになってます。唐辛子と鰹荒粉を配合した、後入れ特製辛魚粉を入れる事で更なる辛みと旨味の奥行きが出てきます。実は筆者もファンの一人ですが、いつも自分でにぎった「おにぎり」と一緒に食べています。味はシンプルに塩で、海苔を巻くだけです。箸休めならぬ、激辛休めになりますよ。

【内容量】
【目安価格】
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。

MARUCHAN QTTA EXTRA HOT(エクストラホット味)

たまに口の中で顔を出してくるキャベツの食感がシャキッとしていて、辛さとは違う意味でアクセントになっています。また、いんげんが入っているのもカップラーメンでは珍しいので新鮮な気持ちになります。

食べた時の辛さは思っていたよりも辛く、口の中に唐辛子の辛さが広がります。花椒が入っているのもポイントで、麻辣的な辛さが刺激になり痺れる辛さも感じれます。更に、味噌とラードが溶けたスープは少しのとろみがあるので、ざらついた唐辛子の粉が絡まりやすく、口の中で辛さが持続して楽しめます。この感覚は、少し「辛辛魚」に似ているかもしれません。

味噌のコクとほのかな甘み、ポークを利かせた旨味、そして唐辛子の辛さと花椒の痺れを感じる、複雑ながらまとまった激辛スープです。

何よりコンセプト通りの「食った~!」という感覚を味わえるので、常備品ストックとしてまとめ買いし、お取り寄せしても良いような辛いカップラーメンです。

【内容量】
【目安価格】
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。

農心 辛ラーメン 激辛カップ

1986年に農心という韓国メーカーによって発売された「辛ラーメン」は、韓国独特の家庭の味を再現したカップラーメンで、今や世界100か国へ輸出されています。本場韓国の辛さを感じる事で人気が高まっている辛ラーメンは、厳選した唐辛子の「辛さ」と、ブレンドしたオリジナルスパイスと素材の「旨み」が溶け込んでいます。「旨さ」と「辛さ」がマッチしたカップラーメンです。

そんな辛ラーメンから辛さが2倍になっている「激辛」味が出ています。香りや味のベースは辛ラーメンと同じですが、2倍とあって辛さは増していて、口の中にひりひり感が残ります。 唐辛子の痺れるからさと、しつこくないスッキリした辛みが後から追いかけてきます。

カップラーメンにしては、野菜が多いのが嬉しい点です。ニンジンや椎茸、刻まれた唐辛子、そしてネギがたっぷり入っており、辛さと野菜のうまみがクセになる味です。いつもの辛ラーメンより辛い味をお取り寄せすれば、自宅で刺激的な食事時間を過ごせます。

【内容量】
【目安価格】
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。

明星 チャルメラカップ 宮崎辛麺

パッと見た時にそんなに辛くないのかな?と思い、一口食べると案外辛くて驚きました。辛さはシンプルながらも後にも残る辛さで、ごくごくスープを飲むと喉に辛さが伝わってきます。

ニラが入っているので、ニラの香りがアクセントになって、奥行のある風味を表現しています。溶き卵が入っているのもポイントで、辛さの途中でまろやかさを感じると休憩になり、その後の辛さへ良いバトンタッチをしてくれます。

半分食べたら「味変パック」で味を変えられるも面白いです。トマトケチャップとコチュジャンが混ざったような味わいで、少し辛さもあります。ケチャップに近い甘みと酸味が足されるので、スッキリとした飲み口に変わり、この感覚はクセになる人がいるはずです。

ストレートな辛さだけでなく、変化球も楽しめて飽きがこなくて良いです。ちょっと普通の辛さに飽きた方は、お取り寄せしてみてください。

【内容量】
【目安価格】
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。

勝浦タンタンメン

「熱血!!勝浦タンタンメン船団」監修、千葉県勝浦市のご当地グルメ『勝浦タンタンメン』を再現した一杯です。

>ご当地カップラーメンの特集はこちら

千葉県勝浦市のご当地ラーメンである「勝浦タンタンメン」は、醤油ベースのスープにラー油のパンチが効いた辛いタンタンメンです。

カップラーメンもご当地と同様にラー油の辛さが効いていて、なかなか口の中をヒリヒリとさせてくれます。激辛まではいかないですが、十分な辛さはあり、どちらかというと口の中に辛さが残るタイプです。 ざらついた辛さや、粘着性のある辛さよりも、ラー油のようなサラッとしているけど辛いのが好きな方におススメです。

スープは醤油ベースで、サラッとしたクセの少ないスッキリ系の味です。玉ねぎの甘みや風味もあり、すっきりながらも奥深い味わいがあります。辛さは残りますが、味は後を引かないので非常に食べやすいです。こういうサラッとした汁は跳ねやすいので食べる時は要注意です。赤いラー油が白い服についたら泣きたくなる結末が待っていますしね。(筆者も正に飛ばした一人ですが、ギリギリ服はセーフでした!)

具材にはタマネギやネギが入っており、特にタマネギの食感は他のカップラーメンには無い感覚を楽しめます。
麺は、しなやかな弾力とコシを併せもった丸刃のめんで、滑らかで臨場感あふれる仕上げになっています。

辛さとスッキリ感を味わえるご当地カップ麺を食したい方におススメの逸品です。

【内容量】
【目安価格】
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。

とんがらし麺

日清が出している「とんがらし麺」。こちらのカップラーメンは、辛さをパウダーで調整できる点が人気の理由です。

「ちょっと今日は少し辛さを控えたいなぁ~」という方は、パウダーを入れなければ辛さを抑えれます。逆に刺激とパンチが欲しい方は、気分に合わせてパウダーを入れることができます。どうしても辛い時は、卵を混ぜるとマイルドになります。

気になる辛さは辛いですが、激辛まではいかず、後を引かないすっきりした辛さです。麺にも唐辛子を練り込まれているのですが、そこまで辛さは感じないので食べやすいです。

写真は「うま辛海鮮チゲ味」ですが、他にも「うま辛キムチチーズ味」や「うま辛トマト&チーズ味」もあるので要チェックです。具材やスープのベースにシーフードカップヌードルを感じるので、辛さの先にシーフードヌードルの香りが広がります。複雑な奥深さや味の広がりは少ないですが、何故か箸が進むのは日清の凄さですね。

これぞカップラーメンと思える味わいです。

【内容量】
【目安価格】
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。

蒙古タンメン中本 北極ラーメン

東京都板橋区にある「蒙古タンメン中本」はタンメンなどの激辛メニューで人気のラーメン店です。お店でも実際にメニューにある「北極ラーメン」がカップラーメンとして販売されています。

カップラーメン上部には「極辛オイル」が付いており、これを入れる事で辛さがUPします。実際の北極ラーメンは、マグマのように真っ赤なスープですが、カップ麺版は比べると赤みが薄くスープがサラサラとしています。同じく辛さも実物よりかは控えめです。

勿論辛いですが、食べれないほどの辛さではなく、ほのかな甘さが奥に潜んでいて、この矛盾がクセになります。食べ続けていると、辛さにも慣れてきて味噌と豚の旨味を感じるようになります。

ただ辛いだけのカップラーメンとは違うのが人気の秘訣ですね。

※「辛旨味噌タンメン味」とは違うので注意してください。北極ラーメンのほうが辛いです。

【内容量】
【目安価格】
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。

元祖ニュータンタンメン メチャ辛

川崎のソウルフードとして定着しつつある元祖ニュータンタンメン。ニュータンタンメンは、スタミナがつく料理をと創業者が中華料理の担々麺をアレンジしたのが始まりです。

豚ガラ塩味ベースのスープに鶏肉そぼろ、ニンニク、かき玉子、そして付属の粗挽き唐辛子でパンチをきかせた絶妙な仕上がりは、一度食べたらクセになる美味しさです。小さな鶏肉そぼろには味が付いていて、少し生姜のような風味を感じます。(違っていたらすいません) ふわふわした卵がたくさん入っているので、他の辛いカップラーメンに比べてまろやかさも感じることができます。

辛さとしては、強烈な辛さまではいかないですが、付属の唐辛子を入れれば口の中でピリピリとして十分な辛さを堪能できます。後味は、辛さと旨味を感じた後に甘みが遅れて到着する味わいです。

お近くでなかなか見つからず購入ができない方は、ネットでお取り寄せしてご賞味ください。

※失念しており、付属の唐辛子を入れた写真を撮り忘れております。

【内容量】
【目安価格】
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。

カップラーメンの関連記事

content-excerpt.php content-excerpt.php

オススメのお取り寄せ

content-excerpt.php content-excerpt.php content-excerpt.php content-excerpt.php